現金求める中小企業 苦境に~「債権買い取り」玉石混交~(日本経済新聞 R2.6.26(金))

私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 新型コロナウイルスの影響で資金難に陥った中小企業が、売掛債権を素早く現金化できる「ファクタリング」を活用する例が増えている。 ただ無登録のやみ金業者がファクタリングを装って高利の融資をしている例があるとして金融庁は注意を呼び掛け始めた。今後被害が広がる恐れがある。”(日本経済新聞 R2.4.30(木))
 条件も悪く、資金繰りが苦しいために手を出してしまう。 その上、脅しまであれば、たまったものではないですね。