「保険証」登録でポイント~政府検討 マイナンバー機能拡大で~(日本経済新聞 令和元年8月14日(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 政府はマイナンバーカードを健康保険証として使えるように登録した人を対象に、買い物で現金の代わりに利用できるポイントを付与する検討に入った。 ポイント付与という動機づけえを与えてカードの取得者増と普及を狙う。 ポイントをどのぐらい加算するかといった詳細は年内に詰める。 マイナンバーカードは2021年3月から健康保険証として使えるようになる。 そのための利用登録を20年春から始める。 ポイント付与は21年3月の制度開始前の一定期間に登録した人を対象にする見通しだ。(日本経済新聞 令和元年8月14日(水))
 マイナバーの普及率が低いため、政府も苦心しているようです。