「特区民泊」説明会を義務化~大阪市、条例改正へ~(日本経済新聞 令和2年1月21日(火))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 大阪市は国家戦略特区法に基づく「特区民泊」について、開業前に住民説明会を開くように義務付ける方針を
固めた。 2月の市議会に条例改正案を提出し、4月の施行を目指す。住民説明会の義務付けは全国初。 開業に関する住民への説明不足などの苦情が寄せられており、条例で事業者に住民への説明不足などの苦情が寄せられており、条例で事業者に住民への説明不足などの苦情が寄せられており、条例で事業者に住民への説明や周知を図る。 民泊への不安を解消し、インバウンド(訪日外国人客)の受け入れ拡大への環境を整える。”(日本経済新聞 令和2年1月21日(火))
 住民説明会は、しっかり対応していかないと大変なことになると思います。