「眠る情報」コロナで棚卸し~価値創造「ROD」、企業の成長左右~(日本経済新聞 R2.7.4(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 新型コロナウイルスで打撃を受けた企業が保有データを洗い直し、事業の立て直しに役立てる動きが活発になってきた。 先行するのは欧米大手だ。 中には「ダークデータ」と呼ばれる死蔵情報も多く、企業は使えるデータの選別が急務となっている。 日本企業も情報資産から価値を生み出す「ROD(Return On Data)」の発想が重要課題に浮上してきた。”(日本経済新聞 R2.7.4(土))
 ダークデータは、各企業にかなりの量が保存されていると思いますが、それをいかに活用していけるか、専門知識を持ったコンサルが必要であると思います。