「農協」途上国に輸出~政府・JA全中、組織化支援(日本経済新聞 H31.4.20(土))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 政府は全国農業協同組合中央会(JA全中)と組み、アジアの途上国に日本の地域農協のような協同組織づくりの支援に乗り出す。 農産物の共同出荷や資材の共同購入で業務効率化を促す。日本型農業を学んだ外国人材を人手不足の日本農業現場で雇用する道も開く。 農協の「輸出」を新たな外交ツールとして育て、成長力の大きい途上国との関係を強化する。(日本経済新聞 H31.4.20(土))
農協も輸出の対象とは、想定外でした。