「電線埋設 進めねば」国交省(日本経済新聞 令和元年9月15日(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 赤羽国土交通相は14日、千葉県で多数の電柱が倒壊、損傷したことを踏まえ、全国での電線地下埋設について「同じことを繰り返さないため、前に進めなければいけない」と述べた。視察先の館山市内で記者団に語った。 高額な費用がネックとなっていることに関しては、民間事業者から低コスト化の提案もあるとして「かつてほど困難ではない」と述べた。
視察先の館山市内で記者団に語った。(日本経済新聞 令和元年9月15日(日))
 高度成長期にかなりの電柱をたてたものだから、なかなか無電柱化は大変でしょうね。 それができれば、景観もすばらしく良くなると思います。