【外国人の相談相次ぐ】「配偶者 勝手に離婚届」~手続きは「書類1枚」~(日本経済新聞 令和元年12月4日(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 配偶者が勝手に離婚届を出してしまった---。 日本人と結婚した外国人が各地の相談窓口にこんな訴えをするケースが後を絶たない。 署名を偽造されたり「子どもの学校の書類」などと言われて署名してしまったり。 日本人側が一方的に自らを子どもも親権者とするケースもある。 書類を提出すれば離婚できる制度は日本独特といい、支援団体は注意を呼びかける。”(日本経済新聞 令和元年12月4日(水))
 日本語がわからないために自分の意思に反して、離婚が成立してしまう。 よく考えると、恐ろしいことですね。 裁判所に無効確認の提訴はできるものの、離婚手続きと比べて煩雑すぎる手続きですね。 この制度が日本独特のものとは私も知らなかったです。