【消費者契約のトリセツ】代理訴訟で保護強化~不当な勧誘・条項改善促す~(日本経済新聞 H31.4.8(月))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 携帯電話や英会話学校など事業者と様々な契約を結ぶ際、消費者が意に沿わない不利な契約を結ばされてしまう恐れがある。 2001年4月施行の消費者契約法は、両者間の契約すべてを対象とする。団体が消費者を代表して事業者を訴える制度があり、判例などを通して消費者の保護が強まっている。(日本経済新聞 H31.4.8(月))
 つい信用してしまうようなことって、たくさんありますものね。