アルツハイマー予防効果~京大などワクチン マウスで実証~(日本経済新聞 令和2年3月26日(木))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 京都大学の井上治久教授らは量子科学技術研究開発機構と共同で、アルツハイマー型認知症を予防するワクチンを開発し、マウスの実験で効果を確かめた。 神経細胞を傷めるたんぱく質を取り除く免疫反応を起こし、病気の悪化を抑える。 企業との協力を模索し、実用化を目指す考えだ。”(日本経済新聞 令和2年3月26日(木))
 少子高齢化の中身近な問題ですね。