コロナの影響で地価下落なら~路線価の減額修正検討【国税庁】~(日本経済新聞 令和2年6月24日(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 新型コロナウイルスによる経済活動低迷などの影響で大幅に地価(時価)が下落した場合、相続税や贈与税の算定に使う「路線価」を減額修正できる措置を国税庁が検討していることが23日、関係者の話で分かった。 実態tp乖離(かいり)した課税となるのを回避するのが目的だ。”(日本経済新聞 令和2年6月24日(水))
 路線価は低いほど、ほとんどの一般市民はありがたいのではないかと思います。