ダム事前放流しやすく(発電や水道 業者の損失補う)~貯水量高め氾濫防止~(日本経済新聞 令和2年1月14日(火))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 水害が多発するなか、国土交通省は2020年度中に、台風や豪雨の前にダムの水位を下げておく「事前放流」をしやすくする新制度を始める。 放流後に発電や水道などに必要な水量を確保できなくなった場合、それに伴う利水権者の損失を補填する。 事前放流を効果的に行い、既存ダムの貯水力を高めて下流の河川の氾濫や堤防の決壊を防ぐの狙いという。”(日本経済新聞 令和2年1月14日(火))
 昨年の台風の被害が目に焼き付いています。