ダム放流支持しやすく~国交省、大雨に備え 電力と手順策定~(日本経済新聞 令和元年11月17日(月))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 国土交通省は大雨が予想される緊急時に備え、発電や農業用に使われる民間の利水ダムに放流を指示する手続きを明確にする。 治水目的で放流する際の想定雨量や手法について、電力会社などと事前に協議して個別に取り決めをする。 大雨被害が多発しているが、ダムは建設予算や候補地の制約から新設が難しいため、既存施設を最大限活用していく。 河川法には洪水による災害が起こったり、発生の恐れが高い場合、ダムの設置者に対して放流など必要な措置を指示できると定めている。 大雨前に放流し、ダムの水量を下げておけば、洪水の抑制などに役立つ。 ただ現在は放流指示の際に必要な手続きや条件は明確になっておらず、これまで発動した例はない。”(日本経済新聞 令和元年11月17日(月))
緊急時に法が未整備のため、現実黄な対応ができなかった例も今回問題定義されています。