ネットで民事紛争解決~電子商取引など 相談、AIで分析(政府が実験)~(日本経済新聞 R2.1.30(木))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 政府はインターネット上で民事紛争を解決するODR(Online Dispute Resolution)の制度づくりに動く。電子商取引や場所やモノを共有するシェアリングエコノミーを巡るトラブルについて、ネットで相談を受け付け、解決策を提案する実証実験を3月から始める。 チャットやテキストで寄せられた相談は人工知能(AI)で分析し、解決策を示す。”(日本経済新聞 R2.1.29(水))
 高度な法律知識と経験が必要な部分はある程度あるのですが、前段階として、法的にあてはまる課題と過去の事例からの傾向について分析することなども必要となりますので、AIはここでは非常に強力なツールになると思います。 基礎的な分析はAIに任せて最終的な提案などは専門家のアドバイスを受けるという方法はこの問題を迅速に解決する道筋かもしれません。