ネット証券も相続・信託~高齢者向け、顧客基盤拡大~(日本経済新聞 令和2年4月28日(火))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” インターネット証券各社が相次いで高齢者向けの相続や信託関連の金融サービスを導入している。 楽天証券は27日から資産管理を家族に任せる「家族信託」用の口座開設の受け付けを始めた。 マネックスグループもネットで相続手続きができるようにした。ネット証券は対面営業型の金融機関に比べて高齢者向けサービスは遅れており、顧客基盤の拡大を狙う。 楽天証券が対象とする「家族信託」は、認知能力を失うなど、不測の事態に備えて資産管理を親族に任せられる法的な制度で、親族は資産の移転や処分ができる。 楽天証券は家族信託を結んでいる高齢者や親族に対して家族信託用の口座開設を受け付ける。 同社はこうした金融サービスをネット証券が主体となって手掛けるのは初めてとしている。”(日本経済新聞 令和2年4月28日(火))
 よくわかりませんね。