パート厚生年金「従業員50人超」軸~厚労省、適用拡大へ調整 中小企業の支援策焦点~(日本経済新聞社 令和元年11月13日(水))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” パートなど短時間労働者への厚生年金適用拡大に向け、政府は対象きぎょを現在の「従業員501人以上」から「50人超」に広げる案を軸に調整に入る。 新たに65万人が加入する見込みで、公的年金の給付水準を底上げできる。 一方、中小企業は保険料負担が増し、経営が悪化する懸念がある。 パートで働く人が多い小売業などは慎重な姿勢を崩しておらず、決着には流合的な部分もある。”(日本経済新聞社 令和元年11月13日(水))
 厚生年金の不足分を徴収する意向は、もう水際まで我々のところまで来ています。