プラ代替品4割が着手~本社調査 国内企業対応急ぐ(欧州規制・ESGが迫る)~(日本経済新聞 R1.5.26(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 プラスティック使用削減の世界的な流れを受け、日本企業が対応を迫られている。日本経済新聞社の調査では65%が削減などの対応を実施・検討中と回答。プラ素材やこれを使った商品を作る主要企業の38%が代替製品の試作などに着手した。欧州の規制や、環境への配慮を重視する投資の機運に背中を押された格好だ。現状のプラ大体の材料コストは割高で、日本の素材産業は一段の研究開発力の強化が求められている。(日本経済新聞 R1.5.26(日))
 この問題は最近大きく取り上げられています。これまでも、規制を受けて使えなくなった素材以外の物で代替品はまかなわれてきた実績はあるのですが。