世界最大出力の洋上風力発電~三菱重工建設費下げ普及促す~(日本経済新聞 H30.8.18)

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 三菱重工業は世界最大となる出力1万キロワット超の洋上風力発電機を実用化する。世界で洋上風力の電力買い取り価格が急落する中、超大型化でコストを3年前に比べ約4割下げる。再生エネルギーの需要が大きい欧州市場などを想定。競合する独シーメンスなども追随する方針で、洋上風力の普及が進みそうだ。
(日本経済新聞 H30.8.18)
 国内では、風力発電の普及は進んでいないようですが、ヨーロッパでは可能性があるようです。建設費の問題が大きいのはわかります。電力の変換効率が他の発電よりも優れています。