事前放流 4ダム実施せず(台風19号 6ダム緊急放流したが・・・~決壊と渇水 リスク判断難しく~(日本経済新聞 R1.10.23(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 台風19号の豪雨により東日本の6か所のダムで水位が限界に近づき、「緊急放流」が行われた。 ダムの決壊を防ぐ最終手段だが、下流の増水につながる恐れもあり、管理者は難しい判断を迫られた。 2018年の西日本豪雨の際には、緊急放流したダムの下流で浸水が発生。 これを受けて専門家からは降雨前の「事前放流」によってい水位を減らしておくべきとの提言もあったが、4か所では実施していなかった。(日本経済新聞 R1.10.23(水))
 ダムの貯水は生活用水確保の意味もあり、事前放流で渇水が起きた場合はダム管理者が損害賠償請求の対象となる可能性もあるという。 気象衛星及びAIによる天気予報の制度を上げ、法整備も必要であるが有効な方法を考えていく必要があります。