人手不足克服へ「建機クラウド」(日本経済新聞 H30.5.27)

     私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 建設機械大手のコマツや日立建機が建機のIT(情報技術)化を一段と進める。ショベルカーなどの稼動データをクラウドで一元管理し、現場責任者らと情報を共有。建機の半自動制御やスマートフォン(スマホ)を使った現場管理などを可能にする。2020年の東京五輪を控え建設現場の人手不足が深刻になっており、工事の効率化や作業品質の工場につなげる。(日本経済新聞 H30.5.27)
建設現場の人手不足とAIの活用、このあたりにヒントがあるかもしれません。