企業の少額訴訟オンライン解決~APECで共通ルール~(日本経済新聞 H30.12.13(木))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 日米や東南アジアなどアジア太平洋経済協力会議(APEC)の参加国が、域内の企業間の少額ビジネス紛争をオンラインで解決する仕組み作りに乗り出した。裁判に比べて迅速に低コストで解決できる。2018年度中に共通ルールを決め、試験運用を目指す。紛争解決のハードルが下がれば、中小企業などの海外展開の追い風になりそうだ。(日本経済新聞 H30.12.13(木))
 グローバル経済で取引が入り組んでくると迅速な紛争解決手段は必要ですね。各社が満足できるかどうかは別にして基準があれば対策も可能です。