保証人の負担に上限(日本経済新聞 R1.11.4(月))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 個人補償に関するルールも変わる。 仕事や暮らしに大きく影響しそうなのが、アパートなど不動産や事業資金を借りる場合の保証人の扱いだ。 不動産業界ではアパートを借りる場合に必要な「連帯保証人にどこまで請求できるのか」という問題が浮上している。 これまで家主は家賃の滞納などに備えて借り手に保証人を立てることを求めてきた。 子どもがアパートを借りる際に親が賃料保証するという例が代表的で、根保証(ねほしょう)と呼ばれる。 債務の対象が特定されにくく、保証人の負担が重いとの指摘が出ていた。 改正後は一般の賃金などと同じように、アパートなどの賃貸に関わる根保証も、契約時に負担の上限額(極度額)を定める必要がある。 定めない場合は契約が無効になる。 不動産業界では上限額は「家賃1~2年分」とするケースが有力視されている。(日本経済新聞 R1.11.4(月))
 最近は、保証会社と契約する例が多いように思います。