入れ墨 医師免許不要~最高裁初判断 彫師の逆転無罪確定へ~(日本経済新聞 令和2年9月18日(金))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” タトゥー(入れ墨)の施術は医師免許が必要か-----。 最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は医師免許違反事件の上告棄却決定で、医療行為に当たらず医師免許は不要とする初判断を示した。 健康被害のリスクは「医師が独占的に施術する以外の方法で防ぐしかない」としている。決定は15日付。”(日本経済新聞 令和2年9月18日(金))
 イメージとしては、一部の反社会的勢力が自らの故事に利用してきた経緯もあるが、昨今では海外のスポーツ選手に触発されて施術を求める人も少なくないと
しており、施術の需要そのものを否定してない。 私の世代では、イメージは必ずしも良くないのですが、最近はネールアートの感覚のファッションと考える人も増えているのですね。 危険防止には他の規制が必要なのでしょう。