入管局「庁」に昇格へ~外国人受け入れ政策総動員~(日本経済新聞 平成30年7月25日(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 安倍晋三首相は25日関係閣僚会議の初会合で、外国人労働者の受け入れ拡大を指示した。秋の臨時国会に入国管理法改正案を提出し、年内に日本語教育や生活支援の総合対策をつくる。法務省の入国管理局を外局とする庁へ格上げする方向だ。2019年4月の本格受け入れを目指し、政策を総動員する。外国人労働者の受け入れ政策は大きな転換点を迎えた。(日本経済新聞 平成30年7月25日(水))
外国人受け入れを本格始動するならば当然の措置とは思われますが、Jリーグのように、J1からJ2に降格にしても良い省庁もあるのではないでしょうか。そのようなチェックも必要ですね。