公共交通 事故対策課題に(自動運転の車両構造 複雑)~不足自体でも安全確保を~(日本経済新聞 R2.3.11(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 公共交通の自動運転化の流れが強まるなか、より確実な事故対策が課題となっている。 運輸安全委員会が2月27日に公表した横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の逆走事故の経過報告書では、単純な不具合が定期検査で見つかりにくいという問題が指摘された。 運行管理に加えて不測の事態にも対応できるよう車両の性能向上も求められる。 シーサイドラインの逆相事故の経過報告では、進行方向をモータ―制御装置に伝える電線の断線が原因とされた。 断線による逆相が想定されず、定期検査で断線に気づきにくい構造にもなっていたことも指摘した。”(日本経済新聞 R2.3.11(水))
 電気系統の制御については、かなりのパターンを想定した実験が必要ですので、AIなどで検証するなど、実際にどうさせるまでの実験が必要と思います。 「ファイル・セーフ」を守ることは、全ての技術につながりますね。