再生エネ推進が追い風に~経営自立には公的支援も~(日本経済新聞 令和2年4月27日(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 資源エネルギー庁がまとめた2018年度の電源構成比率で、再生可能エネルギーは17%と原子力を上回り、火力に次いで高い。 国はCO2の排出削減に向けて、30年度に再生エネの割合を22~24%程度に引き上げる目標を掲げる。 再生エネを利用する地方のエネルギービジネスには追い風が続く。”(日本経済新聞 令和2年4月27日(月))
 太陽光のFITは終了ですが、他の再エネはこれからですね。 しかし、他のものは設備が大掛かりですね。