再生エネ 地域越え連携【太陽光など一括制御に免許制】~安定供給へ参入促す~(日本経済新聞 R元.1.19(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 大規模な設備で集中して発電してきた電力供給が、各地域の再生可能エネルギーによる分散供給に向けて動き出す。
経済産業省は分散した発電所をまとめて運用する仮想発電所(VPP)事業に免許制を導入する。 VPPは天候によって出力が変わる太陽光や風力を多数まとめて供給を安定させる。 再生エネ普及に欠かせない仕組みづくりが日本でも始まる。”(日本経済新聞 R元.1.19(日))
 電力需要を如何に予測するかがカギになります。 AIの発達によりかなり正確な予測が可能ではないでしょうか。