出力制御ありきに批判~東電、千葉の再エネ発電で検討~(日本経済新聞 R1.6.1(土))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 東京電力ホールディングスが再生可能エネルギーなどの新規発電を対象に、千葉県内で出力制御を検討している。1日から発電事業者に検討に着手すると通知するが、事業者には収益低下につながるとの懸念が広がる。原因となっている送電線の空き容量不足は全国であり、同じ事態が起きかねない。 政府が再生エネを主力電源にする目標を掲げるなか、出力制御を前提とした東電の姿勢に批判の声も出ている。 (日本経済新聞 R1.6.1(土))
 容量というのは、流れる電流が多くなればなるほど、電線の太さを大きくする必要があります。 容量不足というのは現状の電線の径では、再生エネルギー発電で余分に流す電流を流す事が可能な幹線の太さがないということです。