利用条件など開示義務~巨大ITのサービス 法案が衆院通過~(日本経済新聞 令和2年4月24日(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” プラットフォーマーと呼ばれる大手IT(情報技術)企業にサービスの利用条件などを開示させるための法案が23日、衆院本会議で可決された。 これで今国会で成立する公算が大きくなった。 ただ取引の透明化などで企業の自主的な取り組みに頼る面もあり、衆院では実効性をどう高めるかの議論が求められる。 政府は法案成立を受け、来春に施行する考え。”(日本経済新聞 令和2年4月24日(金))
 日本はIT化が遅れているといわれていますが、リスクヘッジを先に行う傾向がありますね。