収容長期化背景、自ら体調崩す【外国人 仮放免求め絶食】~入管庁「制度悪用の疑い」~(日本経済新聞 令和元年1月13日(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 国外退去処分を受けた外国人が収容される入国管理施設で、食事を絶つハンガーストライキ(ハンスト)をする収容者が相次いでいる。 本国への送還を拒否して収容が長期化している人が多く、ハンストで療養のために一時的に身柄拘束を解かれる人が多く、ハンストで療養のために一時的に身柄何が起きているのか。”(日本経済新聞 令和元年1月13日(月))
 本国での事情で帰国できない人もいるようです。