司法取引に波紋~初適用企業は不起訴~(日本経済新聞 H30.7.21(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 「海外では標準的」◇「社員は守られず」
日本版「司法取引」が初適用された海外贈賄事件で、元取締役ら3人が在宅起訴される一方、捜査協力した企業は不起訴となった。検察と企業の利害が一致し、責任ある立場の者が立件された形だが、今後の制度運用で「会社のために社員が犠牲にされるのではないか」との懸念が残る。新たな捜査手法に対し、日本社会の受け止めはなお揺れ動きそうだ。(日本経済新聞 H30.7.21(土))
日本社会の慣習とこの制度が自然と馴染んでいくまでには、ある程度の変遷を経ていく時間が必要かもしれません。