司法取引身長運用続く(導入1年基礎わずか2件)~社会の理解なお深まらず~(日本経済新聞 R元.6.1(土))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 日本版「司法取引」が導入されて6月1日で1年となる。複雑な経済事件の解明につながるとの期待を受けてスタートしたが、起訴に至ったことが判明しているのは日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(65)の事件など2件にとどまる。 制度の使われ方に批判た懸念が根強く、慎重な運用が続いている。日本の司法取引は他人の事件の捜査や公判に協力すれば不起訴や軽い求刑を約束する「捜査公判協力型」だ。複雑な資金移動や隠蔽工作のある経済事件などで有効な捜査手法になるとされる。 検察幹部は「捜査に時間と労力が必要な事件でも、しっかりとした証拠が一括で得られ、重要人物も確実に聴取できる」とメリットを強調する。 ただ、無関係の人を巻き込む恐れがあり、運用には慎重さが求められる。導入後、水面下ではかなりの数の司法取引の申し入れがあった」(検察幹部)。 違法薬物や暴力団がからむ事案が多く、情報の信用性などの面から関係者との合意に至らなかったという。(日本経済新聞 R元.6.1(土))
 アメリカのテレビドラマでは頻繁に使っているみたいですが、日本人の真面目な国民性ゆえの状況なのでしょうか。