在留資格 取り消し最多~法務省 昨年832件、2倍に急増~(日本経済新聞 令和元年8月21日(水)

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 法務省は20日、出入国管理法に基づく2018年の在留資格取り消しが832件あったと発表した。 前年の385件から2倍を超える規模に急増し、統計を取り始めた05年以降で最多となった。 在留資格別では「留学」が412件となり、最も多かった。(日本経済新聞 令和元年8月21日(水))
 日本の国際化も急速度で浸透していますね。