声掛け・つきまとい・・・警視庁が前兆分析~犯罪予測で子供・女性を守れ~(日本経済新聞 H31.2.9(土))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 過去の事件情報のビッグデータや人工知能(AI)を使って犯罪が起きやすいエリアや時間を予測する取り組みが日本の警察で始まっている。実際に容疑者の検挙につながったケースも。警視庁は4月から、事件情報に加え、子どもや女性を狙った性犯罪などの前兆とされる「声掛け」や「つきまとい」などのビッグデータを分析し、重点パトロールで犯罪抑止に乗り出す。(日本経済新聞 H31.2.9(土))
 データ解析と監視カメラなどを駆使して、事前に犯罪を抑止する取組を本気で実行すれば、かなりの効果が期待できますね。