外国人労働者 永住にも道~新在留資格案 熟練技能、条件に~(日本経済新聞 H30.10.12)

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 法務省は来春からの外国人労働者の受け入れ拡大に向けた関連法改正案を政府基本方針の骨子案を発表した。新たな在留資格「特定技能」を2段階で設ける。熟練した技能がある外国人は条件付きで在留期間を更新できるようにする。家族の帯同も認める。将来の永住にも事実上道が開ける。(日本経済新聞 H30.10.12)
 本格てな移民政策のような気がしますが、法案がすんなり通るとは思えません。