大阪北部で震度6弱~インフラ寸断広範に~(日本経済新聞 H30.6.19)

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 大阪府北部で18日午前、最大震度6弱を観測する強い地震があった。大阪府を中心に広い範囲で被害が出て、計3人が死亡(後日死亡 5人に)、約300人がけがを負った。近畿一円で一時交通機関がストップし、通勤、通学の足を直撃。ガスや水道は供給を停止し、復旧に時間がかかる見通し。市民生活や企業活動への影響は長期化が必至で、災害に対する都市インフラの脆弱さが浮き彫りになった。(日本経済新聞 H30.6.19)
私の周辺の食べ物屋は、ガスが止まっているので、営業を休業しているところが多いです。