大阪G20中「運休」や「減便」(府警調査 マイカー「使わず」6割)~運送業者の7割 交通抑制に対応~(日本経済新聞 R1.8.9(金))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 6月に大阪市で開かれた20か国・地域首脳会議(G20サミット)で、大阪府警は8日、交通規制に伴う車の利用状況に関するアンケート調査結果を発表した。 平日は70%超の運送業者が運休や減便をしたほか、一般ドライバーの60%超が車を利用しなかった。府警は経済団体などと連携した交通抑制に一定の成果があったと分析。府警は結果などを警察庁や全国の警察と共有し、2020年東京五輪・パラリンピックなどの交通量抑制に役立ててもらう。(日本経済新聞 R1.8.9(金))
 IoTやAIなどを駆使すれば、効率的な交通規制は可能になるのでは。