天気予報AIで精緻に~豪雨・台風 早めに備え防災~(日本経済新聞 令和元年5月26日(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 人工知能(AI)を気象状況の正確な把握や予測に生かす試みが本格化してきた。気象観察では衛星画像や気温、風など様々な情報が刻一刻集められ「気象ビッグデータ」が蓄積されている。現在主流のAIと相性はよく、既存の予測モデルの精度を高められると期待がかかる。研究者は豪雨や突風に早めに備えて災害を防ぐのに役立てたいと考えている。(日本経済新聞 令和元年5月26日(日))
 科学技術の発展はこのようなことに使われてほしいですね。