官民連携データ取引所~東京都 交通や医療情報共有~(日本経済新聞 R2.2.21(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 東京都は官民によるデータ取引所の創設に乗り出す。 人の流れや交通機関、街づくりなどに関するビッグデータ
を、有償でやり取りできるようにする。 2020年度中に運営法人を立ち上げ、行政情報の提供に加えて都内の企業に参加を呼びかける。スタートアップ企業などには無償提供し、革新的な事業を東京から生む呼び水とする。”(日本経済新聞 R2.2.21(金))
 マーケッティングなどは、データの扱いが大きなポイントとなりますので、このシステムは重要ですね。 これから求められる能力としては、データ解析及び事前予測を可能にする分析などが必要になるといわれています。