家庭の電力データ活用(商圏分析・災害対応に)~経産省情報銀行で不正防止~(日本経済新聞 令和元年11月20日(水))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
“ 家庭での電力の使用時間や消費量などのデータを、ビジネスや災害対策に使う取り組みが動き出す。 公的機関の認定を得た団体でデータを扱うことを条件に、企業や自治体への提供が認められる見通しとなった。 電力の利用を分析すれば、世帯の特性を地域ごとに詳しく把握できる。 すべての世帯を対象にした新しいデータビジネスが広がりそうだ。”(日本経済新聞 令和元年11月20日(水))
 個人情報の保護とデータサイエンスのバランスがポイントですね。 電力は、保存が困難なエネルギーですので、データの蓄積によるAIを活用した分析、これが今後は必要になるのではないでしょうか。