廃プラ利用5割増へ~燃料に使いやすくする技術開発~(日本経済新聞 令和2年1月22日(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 太平洋セメントは廃プラスチックをセメント製造の燃料に使いやすくする技術を開発した。 鉄筋を腐食させる
塩素の発生を抑える。 2020年度内に川崎市で実証設備を稼働させ、数年後には廃プラ利用量を現在の5割増の年間約
40万トンに増やす。 中国による輸入禁止で滞留する廃プラの有効利用につながる。”(日本経済新聞 令和2年1月22日(水))
 このような廃プラ活用技術は今後必要になると確信しています。