建材もESG対応~環境負荷表示 投資家にアピール~(日本経済新聞 R2.8.24(月・夕))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 建設用資材でESG(環境・社会・企業統治)に対応する取り組みが広がっている。 二酸化炭素(CO2)排出量など環境負荷情報を開示する「環境ラベル」を取得した建材は昨年までの3年間で5割増え、環境や人権に配慮した資材を使う動きも出てきた。 不動産市場でのESG投資の広がりを背景に商機を広げるほか、投資家にアピールする狙いもある。”(日本経済新聞 R2.8.24(月・夕))
 建材と環境については、すぐに結びつくイメージはないのですが。 投資家へのアピールとしては、それなりの効果があるのではと思います。