建設業の情勢採用者割合大・中小企業ともに増加~総務省が女性活躍推進で調査~(建通新聞 H30.9.13(木))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を16年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 総務省は、「女性活躍の推進に関する企業の取り組みと効果」に関するアンケート調査の結果をまとめた。建設業の「女性採用者の割合」は、2016年度に16.4%だった企業が24.2%にそれぞれ増えた。建設業の大企業の「管理職に占める女性労働者の割合(女性管理職比率)」は、16年度より0.2%増えて3.1%となり、中小企業も0.2%増えて4.1%となった。(建通新聞 H30.9.13(木)) 
 建設現場ではまだまだ、女性が働きやすい環境(トイレ・更衣室などの整備も含む)が十分でない場合も多いですが、女性の能力を十分に活かせる職場であると思います。いろいろな意味で建設業界の良い方向での変化に期待しています。