建設熟練工、技データ化~継承しやすく 官民で1万人分析~(日本経済新聞 令和2年8月2日(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 建設業の熟練工の仕事ぶりをデータ化し、技能を継承する官民の取り組みが8月中に始まる。 延べ約1万人分の作業内容を映像などで記録し、経験が浅くても効率よく学べる環境を整える。 全体の技能を底上げし、建設現場の生産性を引き上げることをめざす。 熟練工の仕事ぶりのデータは国が発注する公共工事の現場で集める。 延べ7200~9600人分の作業を撮影する。 熟練工の動きだけでなく工事全体の流れ、地形などもデータ化し、効率的な方法やコツを分析する。”(日本経済新聞 令和2年8月2日(日))
AI技術と日本のスーパーコンピュータ「富岳」を使えば、有効なツールが使えるようになるかもしれません。 技術継承に一筋の明光がさしたような気がします。