弁護士ドットコム電子契約で先行~「ハンコ文化」壁破れるか(賃貸借や受発注、6万社超利用)~(日本経済新聞 R2.1.29(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 法関連サービスを手掛ける弁護士ドットコムが、電子契約の普及に向けアクセルを踏んでいる。 ネット上で契約を締結できる「クラウドサイン」は不動産や金融などに拡大し、6万社超が利用するプラットフォームに成長した。 海外大手との差は大きい。 法務とITを掛け合わせた「リーガルテック」の草分けは、日本に根強くの来る「ハンコ文化」を転換できるか。”(日本経 済新聞 R2.1.29(水))
 実印以外のハンコは、本来「認証」における信頼性は薄いものです。 現在では、自筆のサインの方がより信頼感があるように思います。 ネットによる認証はITセキュリティー技術の進歩とハッカーとのいたちごっこになっておりますが、信頼のできる認証システムが構築できれば相当に文書決裁が効率化されると予想できます。