復元建物防火対策促す~首里城火災うけ指針改定(文科相意向)~(日本経済新聞 R1.12.4(水))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
”萩生田光一文部科学相は3日、首里城(那覇市)の火災を受け、文化庁の文化財防火対策指針を年内にも改定する考えを示した。 復元された歴史的建造物についても、国宝や国の重要文化財と同様に消火設備設置などを促す。記者会見で「復元建物も文化財の保存や活用にとって重要な施設。しっかりと対策を講じる」と述べた。”(日本経済新聞 R1.12.4(水))
 首里城は、「世界遺産」でありますが、ただ消失した正殿などは地上に復元された建造物のため、国宝などにしてされていません。