微生物・床振動・・・電気に~身近で発電、数千億円市場へ(IoT普及後押し)~(日本経済新聞 H31.3.28(木))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 身の回りにある微生物や振動から微弱な電気を作る技術に注目が集まっている。旭化成は微生物が出す電気を集めて発電。慶応大学発スタートアップ音力発電(神奈川県藤沢市)は、人の歩く振動を電気に変える。充電や電池交換なしに長期に電力を供給できることから、センサーなどの電源にすれば、データ収集が容易になる。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及を後押しそうだ。(日本経済新聞 H31.3.28(木))
 電気信号を集積すること、これが容易にできればかなりのものが、革命的に進化しますね。