感染拡大で一転容認~オンライン診療 設備整備には遅れ~(日本経済新聞 令和2年4月6日(月))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 厚生労働省は原則反対していた受信歴のない初診患者へのオンラインや電話診療の解禁を一転、容認した。 新型コロナウイルスの院内感染が相次ぎ、対面診療による感染拡大のリスクが大きいと判断した。 公的保険でオンライン診療に対応する医療機関は現状で約1000と全体の1%ほど、電話診療は増える可能性はあるが、オンライン診療の普及には壁がある。”(日本経済新聞 令和2年4月6日(月))
 今回のコロナの影響で、このような遠隔診療を含めた、SNSが普及するかもしれません。