(早わかり 電力先物)欧州、取引が活発~公共機関が積極参加~(日本経済新聞 令和元年9月14日(土))

  私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を17年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
 電力先物の取引は2000年ごろから欧州で盛んになった。 欧州ではスポット価格の変動が日本より激しい。 電力自由化に伴い、ヘッジの場としての利用が広がった。 ドイツには電力取引量が世界最大の欧州エネルギー取引所(EEX)が本拠を置く。 同国とオーストリアの18年の合計取引量は1946テラ(テラは一兆)ワット時と両国の約3倍だ。(日本経済新聞 令和元年9月14日(土))
 よくわからないところもありますが、適正価格であればよいことなのかも。