書類は原則郵送に~神戸市 行財政局がコロナ対策案~(建通新聞 令和2年4月17日(金))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
“ 神戸市財政局は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う緊急事態宣言を受けて、5月6日までの期間、入札手続き上の書類のやり取りを原則郵送にする。 工事の入札は、これまで通り電子入札で行うが、総合評価落札方式で申請時に提出する紙書類や低入札価格調査の場合に提出する資料は原則郵送とする。 落札決定後の契約書類も原則郵送にする。物品販売・賃貸借・製造曽於他の請負契約についても、従来通り電子入札で行い、契約書類などは原則郵送とする。 ”(建通新聞 令和2年4月17日(金))
郵送の方が利便性がありますね。 これまでは、直接面談での申請がかなり残ってましたので、これをきっかけに改善されれば良いですね。