東電、蓄電池再利用に参入(再生エネ「地産地消」促す~送配電網の制約受けず~(日本経済新聞 R2.7.5(日))

 私は、大阪府高槻市で建設業許可及び産業廃棄物処理業☆産業廃棄物収集運搬業の許可申請の代行を18年間営んでまいりました行政書士浜田温平事務所所長の浜田温平です。 私は、高槻市を拠点として茨木市、島本町、枚方市、寝屋川市、池田市、守口市、箕面市、大阪市、摂津市、吹田市、豊中市など北摂を中心に活動している行政書士です。
” 東京電力ホールディングスは太陽光など再生可能エネルギー事業者向けに、中古蓄電池を販売する事業に参入する。 電気自動車(EV)で使われた電池をつないで大型化し、現在の新品よりも3~5割近く販売。 再生可能エネ事業者が発電した地域で消費できる「地産地消」を促し、送配電網の容量不足にも対応する。”(日本経済新聞 R2.7.5(日))
配電用変電所までの電力は、交流で発電所から受電し、地域の配電網には直流消費を前提とした配電が可能になれば、送配電の容量不足の解消、災害に対応した
電源の確保などかなりのメリットがありそうな気がしています。 各家庭及び需要家は、時系列で電力消費の濃淡がありますので、AIを活用した重要予測などで効率的に需要に対応していければ最高ですね、